自動車やバイクを運転するときは、それぞれの運転免許証が必要で、この資格を取るのに自動車教習所で教習と実技を学び、試験に合格すればもらえます。


全国各地に自動車教習所はありますが、仕事や学業の合間だったり混雑状況によっては結構時間がかかってしまうものです。



特に、1月~3月は高校生の卒業シーズンもあり、また夏の間は学生の夏休みだったりこの時期はとても混雑して予約もなかなか取れにくい状態にあります。

そのために、なかなか教習が受けられず有効期限を切らせてしまったなんてこともあります。



それに対して自動車の合宿免許は自動車教習所と違って、連日決められた教習課程に沿って教習を受けて、通学よりも早く運転免許を取得でき、また料金も安く済ますことができるメリットがあります。
もちろん教習だけでなく食事や宿泊するところも用意されているので、集中して教習を受けられます。



合宿免許は基本的にその期間は滞在することになり、場所もどこかのリゾート地だったり、郊外だったりすることが多く、自分の住んでいる環境とは違った感じで教習を受けることになります。

とはいえ、日本全国で使える運転免許ですから、土の状況にも対応できるようにしっかり学ぶことができます。

合宿免許の期間は普通車のAT限定といわれるオートマチック車限定のものであれば大体14~15日くらい、マニュアルトランスミッションの車も運転できるものであれば16~17日くらいで取得できます。


合宿免許は通学よりも効率的で料金もリーズナブル、そしてそこで新たな仲間と出会ったりいくつものメリットがあります。